読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語がある限り

あいどるとか台湾とか。とにかく好きな事もの人の話。

無人ゲートで出国する

8月12日から2泊で高雄へ行ってまいりました。

旅の記録は残したいのですが、取り急ぎ出国時の事に触れてみる。

桃園国際空港のイミグレの待ち時間と列のアバウトさに、毎回モヤっとする方は多いはず。私もです。年に3回以上渡台していると自動ゲートの登録が出来たりする様ですが(常客証)、有効期間が1年なので私の様な気が向いたら出向くタイプには向いていない。むしろ、この登録の為に年3回行くようにしようかと思ったりもするけど。悲しいかな、現状では無理しょんぼり。

今回、成田ー高雄の直行便を使用しました。高雄国際空港は初めて降り立ちました。着陸時間が同時刻のフライトが少なかったのか、入国イミグレはとーってもスムーズで待ち時間は10分とかだったんじゃないかと。それは出国時の手荷物検査も同様で、ストレスフリーだったなー。で、出国イミグレですよ。開いている窓口は3ヶ所程ではあるものの、待っている人がいなかったり1人だったりでここも順調!と思った矢先、空港のお兄さんが、日本人こっちこっちーと誘導するのです。しかし、どう見てもカウンターに職員の姿は無い。キョロキョロしてると壁際に手招きするお兄さんがいる。そのお兄さんが指差す先には改札的装置。ふぇ?あたしゃ登録しとらんのだが、これで出国できると?入国時に採取していた指紋で照合するみたいです。とてもスムーズでした。帰国後、あれはなんだったのかと調べたらこういう事みたいです。

http://web.roc-taiwan.org/jp_ja/post/34805.html

でもね!こまった!出国のスタンプが無いのですよ!寂しすぎるよ!スタンプが増えない海外旅行って結構切ないんだよ!ほぼ台湾しか行かないからさぁ!しかも有人窓口が空いてたしね!混んでたら得した気になれたかもしれないけれど、なんか悔しいよね!試験運用が始まったばかりというのも驚きよね!

それにしても高雄、攻略しがいがありそうでクセになりそうな予感。